2010年12月31日

12/31  地獄の一年だった・・・

Image1.jpg                        

せっかく一年の終わりなんだから、今年起きた出来事を振り返ってでもみようと思って

ツイッターとかブログを見返してみようとしたんだけれど・・・・・・・・


辛すぎて、途中で出来なくなっちゃったあせあせ(飛び散る汗)


本当、自分にとって、この一年は何か呪われてるように、何もかも上手くいかない・・・


災難ばかり、災厄最悪の一年だったと思う。



悪夢・・・・・・・・出来れば全て忘れてしまいたい。



まだやる気に漲っていた、去年のこの日に戻して欲しい・・・



そんな叶わない願いすら、抱いてしまうほどです。



今年から学校での生活も2年目で、最終年を迎えるってわけだから
色々なことに対して真摯に立ち向かっていかなきゃと思っていたし
現状を何とか変えられるための道筋に、色々飛び込んでいこうという
そういう決断の機会も多かったんだけれどね。


でもね、皮肉にしてもやればやるほど、全てが空回りの暗転地獄だった気がしますよ。



6月、せっかく試験受けて採用していただけることになったゲーム会社が
とんでもないブラックで、無給労働をあやうくさせられるところだった。

一緒にうけた子は入社したけれど、お給料を一回も支払ってもらえず
ついぞこないだ退社し、別の会社への就職活動を未だ頑張っている。


バイト生活・・・・・・

今年だけで店長が2回変わったから、そのたびに振り出しに戻る気持ちで大変。
1日も休みないような月も、どんなに働いても売上が伸びてなくて、本部のバカが
いちいちしゃしゃり出てきて、恫喝される。
店の空気はどんどん悪くなって、結局いずらくなって辞めて今の有様。

私生活もひどい、の一言だった。
家に関しては立ち退きを迫られるのは時間の問題。

保険が切れて、払う金すらなくて、病院にもかかれなくなった。
毎日が逃げ隠れの生活。

そんなでも切り詰めて生活してんのに、二度も財布盗まれて・・・・・・
(11月の絶望ですよ。)


そして・・・・・・・・・



極めつけはアシスタント生活です。

これに関しては、さんざん書いてるから、改めて言う事でもないんだけれど
肉筆日記に記したとおり・・・

不眠地獄のうつ生活・・・・・・
新人いじめもひどい。


こればっかりは、まさか自分もこういう事が待ち受けているとは
予想だにしませんでした。


あの時、色々な方に「おめでとう」していただいて、自分も本当に嬉しくって
どんなに困難でも頑張っていこうという気持ちが、こんな簡単に砕けてしまうとは・・・・



本当に申し訳ないのと、やるせない気持ち。


これだけじゃなくって、他にも人に騙されたり、お金だけ毟り取られたりなんて
沢山ありすぎるんだけれどね。ごくごく一部です。そんなものは。



でも、業界(社会)そんな甘くないってのを見せ付けられた感じですよ。



考えて見れば、社会というのはどこでもそう。


常に強いほうが権力持ってて、弱い方はそれに逆らって生きて行くことはできない。
嫌なら辞めれば良い、はたらくのを辞めれば野垂れ死ぬだけ。

そういうふうに出来ている。

甘いように生きられる世の中なんてものはないんだ。


弱い人間、役立たず人間に、生きていく資格はない。


辛い辛い、毎日が待ち受けていることは当然。だからみんな苦しんでいる。



頭では分かっていても、心と体がボロボロになってしまいました。

この先、本当にどうして良いのかわからない毎日だけれども
新年を迎えるタイミングで、うまくリセット出来ればいいんだけれどとても不安。


もう自分はだめなのかもしれない・・・


そんな想いが常に頭をよぎりますが、今年の最後の日だもん。



せめて今日くらい、無理矢理にでも笑って、笑って・・・・過ごさないとね(泣笑



どうせ来年も一杯泣くんだろと思うから、みんな笑って

また来年、涙で会いましょう


ハッピーニューイヤー


どうか皆さん良いお年を。
posted by 氏ムシメ at 17:50| Comment(4) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通の人だったらブチキレて裁判で争っているレベルの事ばかりですね。特に仕事関連が酷すぎますね。

小額訴訟(簡易裁判)でいいから一度裁判沙汰にしたらどうですか?

Posted by at 2010年12月31日 19:06
働けるだけマシ
難病でリアルに死にかけてもう働けない体の俺ですら生きてることを感謝して喜んでるのに
しかもそれでも自分でなんとか稼いで
一人で生きてんだぜ
あまえすぎ
死ぬのに付き合ってくれた母親が不憫すぎ


なんでも悲観的で救いようがない
そら死ぬわ
Posted by at 2011年01月09日 20:00
災難ばかりと言うのは、家も食うものも家族も健康な体も、何もない人の事を言うんだよ。5体満足で、明日も命があるだけでいいじゃん。自殺するなら、すべてなくしてからだろ。まだ少ししか生きてないのに命を粗末にしすぎだよな
Posted by at 2011年01月12日 09:11
集スト加害者の言い分としては、そうでしょうね。
Posted by at 2011年01月19日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。