2010年12月28日

12/28  ゴミどっちゃり

0gomi.jpg                

今年は事情あって、家にある殆どのものを捨てなきゃならんかったから
例年以上のゴミの山を、早朝から今まで何時間もかけてゴミ捨て場まで持って行きました。


体がどっしり、重くなったなぁ・・・・・・・・


けれど、大量のゴミを出して、すっからかんになった部屋のなかで
な〜〜んにも考えられず、しばらくしみじみしてしまいました。



一体、ここにあったもの達は一体なんだったんだろう・・・・・・・


一部はオークションで売りさばけたけれど、殆どはなんの価値もないものばかりだった。


それらは全てゴミとなってしまって、手元には何も残らない・・・・


人生って、莫大な時間と労力をかけても、結局築き上げるのはこうして
ゴミの山なのかもしれない。


そう考えて、ちょっと虚しくなってしまった。



けど、なんといっても一番多かったのは大量のノートや画用紙、コピー紙に書かれた
くっだらないイラスト、漫画の山ですよ。

学校とか課題で書いたものもあったし、自分であとで見たりもしてたから
なんとなく、捨てる気にならなくって保存しておいたりしたんだけれども
この機会に全部まるっと捨てました。

中学、高校、そして現在に至るまで、いろんな時期のいろんな絵が出てきたけれど
やっぱり昔の書いた絵のほうが、今と違ってよっぽど下手でも真剣に書こうという気持ち
まだ穢れ知らない、夢や将来を信じる気持ちが篭っている分、輝いて
生き生きと書かれている気がした。

もうあんな気持ちで絵書く事は出来ないんだろうなっていう思いで
とっても切なく思ったし、それだけに尊い時間を過ごさせてもらえたんだと思う。


でも、改めてそうした日々を振り返ってみて、後悔はなかったんだと思わされる。

ああやって毎日を、絵を活力にして生きれてきたこと、本当に良かったと思います。

現実ってのはいろいろ残酷だし、上手く行かないことばっかりだけれどね。

自分の夢は、結局叶わなかったし、これから叶いそうもないけれども
それでも、それに向かって突き進んでいた毎日。これだけは事実。

こんなん奇麗事で、結果に出なきゃなんの評価もされないってのが世の常だけれど
他人の評価じゃなく、結局最後に納得するかどうかは自分自身。

少なくとも、自分はもう満足しました。もう消化し切れてない気持ちっていうのは
無いんだと、沢山の足跡をみつけて思い知らされる。


さようなら沢山の思い出たち。形あるものはなくなっても、きっと忘れないから。
posted by 氏ムシメ at 10:50| Comment(1) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デジカメでデジタル化しとけばいいのに。
Posted by at 2010年12月28日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176611646

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。