2010年12月27日

12/27  16の頃に描いてた漫画

今回の大掃除ではいろいろ、教科書とかノートも沢山捨てたんだけれど
16の頃だから園芸学校の頃かな〜?

ノートの端に書いてた4コマ漫画があったんで、ちょっと見てみた。


01.jpg               


文字がきったなくて読みにくいんだけれど、ハイキングで自殺サークルに遭遇しちゃうという
そういうようなストーリー・・・・・・・


絵なんか、それこそ絵のかけない当時だから棒人間だけれど
既にこの頃いまの作風というか、芸風というか・・・・・・

そういうのが出来てたんだなぁ〜と思ったりして、ちょっぴりしみじみした。


この頃、ちょうど家庭が色々大変で、進路もなくって絶望のなかを
さまよっていた時期だったんで、その矛先を社会に仕向けるようになって
けれど、何をすることもできないから、こういう漫画ばっかり描いてた。

ほかにも、どうしようもないネタが一杯出てきたんだ。


つまり、この頃から自分は・・・・・・・・・



何も変わっていないということですよねふらふら

本当、自分って幸せになれない。


けど、そうであるからこそ、こういうの書く方向に向かってたんだろうなぁと思うし
なんだかんだ、生きることには辛いことしかないわけだけれど
それだからこそ、面白いって感じられる、弱者の目線っていうのを
見出せたかなぁと思ってる。

生まれてきたこと後悔しても、生きてきたことを後悔したくは
ありませんよね!
posted by 氏ムシメ at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
代アニで何も身につかなかったんですね、わかります
Posted by at 2010年12月27日 23:07
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/3878957.html やはり同人はうまくいけばかなり儲かるみたいですね。

まあ借金まみれになっても大丈夫ですよ。借金には時効がありますから。法律でそうなってるんですよ。

夜逃げでもしてずーっと隠れてれば、時効が来て返す必要がなくなりますんで悩む必要はないのですよ。
Posted by at 2010年12月28日 01:07
長澤太夫さんの芸風は高校生の頃から確立されてたんですねw
Posted by at 2010年12月28日 07:54
ムシメさんはまるで、第二の山田花子と言った感じの人物でしたね。
考え、性格、漫画の作風とテーマ、これまでの生涯、20代前半で自殺したという事が共通している。

でも、貧困にも卑屈にも悲観にも追い詰められていて辛かっただろうね。
今頃はあの世でお母さんと元気にしているかな?
Posted by さむ at 2015年08月26日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176375748

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。