2010年12月21日

あと3日くらいで終わるらしい…

101220_2331~01.jpg
帰ったら掃除して


身の回り片付けして


年越しして


ちょっと遊んで


そしたら死にます。

皆さん今までありがとうございました。

あともうちょっとだけ頑張ります
posted by 氏ムシメ at 07:51| Comment(11) | TrackBack(0) | モブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え!何言ってるんですか本気ですか?ムシメさんが居なくなるの嫌です本当に嫌です。生きて下さい。
Posted by at 2010年12月21日 09:20
氏ムシメの「死ぬ」は芸風。
Posted by at 2010年12月21日 09:55
生きろ
Posted by at 2010年12月21日 10:00
死にたくなる気持ちわかるよ

こんだけ重なると死にたくなるよな
Posted by at 2010年12月21日 10:10
俺は生きる!
Posted by at 2010年12月21日 11:19
今思えばこれ本当だったんだな
Posted by at 2011年01月08日 00:31
ほんとだー
Posted by at 2011年01月10日 00:55
リンクからリンクを飛んで,今日初めて拝見して
ずっと11月ころから読んじゃいました。
心からご冥福をお祈りします。。。
今からこれを書かれた時のお気持ちを思うと
言うべき言葉が見つかりません。。
Posted by at 2011年01月10日 02:47
心からご冥福をお祈りします。
Posted by 憂国戦士 at 2011年02月08日 16:17
氏ムシメさん。
あなたの自殺について言わせてほしいんです。
「よくぞ前に進んだ!」と。
自殺を否定する連中も多いが
自殺とは人として、ひとつの
正しい行いなんです。
自らの死をもってようやく周りへと
自分のメッセージが届く。
ゴミのまま消えていくより
こうやって自分というものを
はっきりと示して死んだほうがどれだけいいか。
どっかの弱者が「俺はお前より〜(不幸自慢)
だけど自殺はしない。
自殺するやつは、弱いだけ」とか
いうが、こんなのは自殺する勇気もない
ヘタレのたわごとでしょう。
氏ムシメさんの方が立派です。


人としてのケジメをつけて、
周りへの迷惑も最小限に抑えつつ
静かに自殺すること。自殺する中では、
考えうる最高の死に様だったじゃないですか。
電車で飛び込みは迷惑だの、そういう意見は
確かに納得できる。そういう人間は
たたかれても仕方ないが
氏ムシメさんは完璧な死に方を選んだ。
道端の死体除去は、除去する人らの
「仕事」なので迷惑でもなんでもない。
死体除去の仕事に文句があるならその仕事をやめてくれればいいだけ。

なによりも氏ムシメさんは自殺という形で
見ている我々への感動も与えてくれた。
感動というと少々不謹慎だが
死ぬ間際数日のブログを読んでいて
確かに感動してしまった。
漫画で人を喜ばせることはできなかったが
ブログでそれを成し遂げたわけです。
氏ムシメさんのためにもこの死は
いい意味での死と捉えるべき。
生きてたってブログにあるとおり
地獄しか待ってなかったんです。
Posted by at 2011年02月10日 15:10
この頃からもう既に自殺する事を決意していたのですね。

不謹慎かもしれないけれど、今考えればあなたは無事に死ぬ事ができて本当に良かったのだと思います。
だからこそ、この荒んだ世の中から無事に脱出する事が出来たんだから。地獄のような人生から脱出する事もできたんだから。大嫌いな自分から無事に脱出する事もできたんだから。全ての苦しみから解放される事ができたんだから。
そして、ようやく楽になれたんだから。

あなたにとって生きる事は本当に辛かったでしょう。毎日は心が掻き毟られる程苦しかったでしょう。

けれどもあなたは無事に楽になれて良かったんだ。これで良いんだ。

まだ22歳という若さだったけれど、そのわずか22年間でやりたい事も好きな事もできるだけやりきる事ができて、更にはかけがえのない様々な経験もする事ができて充分満足したでしょう。
晩年に書いた記事を読んで、「もう悔いはないし、やり残した事もない。もうこれで良いんだ」という満足感も感じられました。

あなたはこれで本当に良かったんだ。

合掌。
Posted by white at 2016年04月14日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174329837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。